ギャラリー

 

 

唐錦袋帯

 

厳選した極細の生経に、極細の生緯を用いており、唐錦とは地組織は錦地で、本金箔を引き、柄には日本古来の能衣装に伝えられる唐織の特色を生かし、特殊な極太の絹糸や太細金銀糸を一越一越経糸を潜らせ、縫い分けて織る織物です。

その高度な技法により柄を浮き立たせ刺繍の様な立体感や、光沢を醸し出し、又裏に糸がわたらないため非常に軽く高貴な織物に仕上がっています。

袈裟・打敷

 

 

© 2015 by JINSEI Corporation