埋め機

 

埋め機は堀り機(ほりばた)とも呼ばれます。土間を堀りさげて地中に高機を据えて手織りを行なうことです。高機を地中に据える事で、年間を通しての一定の湿度と温度を得る事ができます。だから横糸を一本一本打ち込んで行く力にも均一さを持たせる事が出来るのです。その変わらぬ湿度と温度の「自然の恵み」と心をこめた「職人の力」が一つになって風合いを最高のものとし品質に責任の持てる織物となります。こんな良い事ずくめの埋め機も物を大量に作る事を良しとした時代にその姿を消していきました。

 

土間を掘り下げて高機を据える、それは同時に一つの工場に置ける機織り機の数を少ないものにしていきます。しかしながら品質と風合いにこだわりを持ってものづくりをしていくためには、この技法は欠かせないものでした。

埋め機
埋め機
埋め機